情報一覧

小室哲哉氏とKEIKO離婚成立 小室氏=キーボードの成り立ちと歴史まで分かる数少ないミュージシャンである

キーボード以前に作曲者であった

小室氏の有名なエピソード一つ語り締めくくろう

小室氏がまだあどけない中学生ぐらいの時当時日本ではキーボードが発売されていたが
中学生のよくある所持金では最上位クラスを買ったという15~20万ぐらいだね40万だったかな? 数年で価値が下がったという

それがミュージシャンを歩むにて大いに役立ったしキーボードの歴史も分かる話であるからだ
なにがって?
キーボードはシンセサイザーで音色が主に出来ており数年で時代時代のシンセサイザーの音色が発売されると思って良く

要は小室氏はシンセサイザーと作曲が昔は上手くヒットしたが上手く行かなくなった時があったよね?
あれはシンセサイザーによる作曲と使っていた音色が時代と合わなくなったと思われる

ヴェンスンがバックアップすると
小室氏は能力が落ちたわけではなくシンセサイザーの音と作曲にてリスナーが時代のニーズとシーズを分かって無かっただけであり
金の使い方も売れる前からでありそれで成功した節もあるから金遣いが荒い=悪いとは一概には言えないなぁ
今も価値があるし有能視である

つまり理論が正しければ
この昔のシンセサイザーの音色とメロディ聴くと小室氏のあの時代を思い出す・・・・そんなシンセの番号の音色もあるはずだ





にしても腹立たしい終わり方である
法廷でkeikoが会うのを断るのは立場的に小室氏からであろう
それが法廷でkeikoからなんと拒否された!という メンヘラかな?
ほんとkeikoコカインはやるしその他問題で哲哉氏の足引っ張ってたよなぁ-v-つまりこれは朗報
後味悪い長い長い離婚劇であったがこれからは翼が生えたように小室氏は活躍するであろう-v-つぱたぱた
5e7e3_759_7c6f41da_5f5cdd4c.jpg

 別居生活を続けていた夫婦は今週、約3年ぶりの“再会”を果たした。だが、そこはかつての愛の巣などではなく、法廷だった。

「おふたりは調停には出廷したようですが、会話をしていないだけでなく、顔すら合わせていません。KEIKOさんが小室さんと会うことを拒否したそうです」(KEIKOの知人)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント